築地の佃權のさつま揚げをいただきました

佃權 先日、腰痛のメンテナンスで継続通院頂いている■田さんから、差し入れをいただきました。

「先生、お酒飲むならさつま揚げ好きだろ?築地行ったからついでに買ってきたよ」 と、あの有名店「佃權のさつま揚げ」を差し入れて下さったんです。

つい先日も、地元「伊勢屋」の芋羊羹を差し入れて頂いたばかりでした。

この時は、その数日前に予約日時を勘違いされていて、「申し訳なかった」と手土産をいただいたのでした。 でも、当日その間違いに気づかれた直後、わざわざ謝りに来て下さったのに・・・。

多くの方は電話で済ませるところだし、私もそれで良いのにと思います。

でも■田さんは粋な大工さんで、とても律儀な方なのです。 ■田さんいつもありがとうございます。

中を開けてみて「佃權のさつま揚げ」を見たときは、テンションが上がりました。 さつま揚げ大好きなんです。

その晩、いただいた「佃權のさつま揚げ」を肴に、一杯やりながら築地魚河岸の豊洲への移転問題のニュースを眺めていました。 私個人的には、築地ブランドが消えるのは大変淋しいです。

魚河岸という機能は豊洲でも良いのかも知れません。 安全なら。

でも「築地」って、すでに大きなブランドになっていると思うんですよね。 このブランドがどうなるのか?

築地市場の豊洲への移転問題で、一番気になっている部分かもしれません。

コメントを残す

このページの先頭へ