簡単にできる、首や腰が痛くなりにくい座り方

座位イラスト こんにちは。 壮快カイロプラクティックには、毎日たくさんの方がお越しくださいます。

そんな中で、際立って多い症例は、首や腰、背中が痛いというもの。 あなたの周りにも、沢山いらっしゃいませんか?

こういう症状の多くは、実は姿勢の悪さが原因のことが多いのです。 私の持論では、マイクロソフト社の発展に伴って増えて来た、と考えています。

どういうことかというと、1995年の「windows95」の発売によってパソコンが急速に広がったと思うのです。 そしてパソコンを操作している人を観察してみてください。 顔が前に突き出て、腰が丸まっていますよね。

この姿勢が長く続くことで痛みに発展して行くことが、非常に多いのです。 勿論マイクロソフト社に責任などありません。

ご自身の身体を守るためには、姿勢を良くする必要があるのです。

そこで、壮快カイロプラクティックでは、姿勢改善を簡単にする方法をアドバイスしています。

よく聞く姿勢改善方法は「耳と肩と・・・を線で結んで云々」

これって確かにその通りだと思うのですが、鏡でも見ながらでないとなかなかできません。 しかも、背すじを伸ばす意識になりやすいため、背筋をたくさん使います。

すると疲れてしまって挫折することが多いのです。

そこで当院では、あまり意識せず、背筋もさほど使わず、ある一点に注意するだけで【結果的に姿勢が良くなる座り方】をアドバイスします。

簡単ですから是非お試しください。

その方法とは・・・

姿勢の悪い座り方の人は、必ずお尻の尾骨に体重を乗せた座り方になります。 だから結果的に、腰や背中が丸くなるのです。

まず尾骨に感じる体重を、お尻の下のゴリッとした骨(坐骨)に移動してください。 分かりにくければ、太ももの一番上あたりでも結構です。

これだけ。

背中を伸ばそうと意識しなくても、自然と伸びてしまいます。 この”結果として”勝手に伸びていることが大切なのですね。 さほど努力が要りませんから。

努力しないから、慣れやすいのです。 是非お試しくださいね。

コメントを残す

このページの先頭へ