肩こり

肩こり3jpg 肩こり4

壮快カイロプラクティックには、数多くの肩こりの患者さんが来院されます。
整体や鍼灸院、マッサージ店をさがして検索して当院にたどり着いたり、
患者さんのご紹介だったり経路は様々ですが、当院に来られる代表的な症状の一つです。
今このページをご覧頂いているあなたも、肩こりで悩んでいますか?

「パソコン作業を続けていると…」
「携帯やスマートフォンを操作していると…」
「本を読んでいると…」
「寒い日など」
だんだん辛くなってくることが多いですよね?

時には頭痛や吐き気を伴って、あまりひどいと病院に行きますが、薬を処方されて、
それが効く時は良いのですが、あまり効かないこともあります。
こうなるともう、どうしたら良いのか分からなくなる事もありますね?
人によっては何か悪い病気で手術や入院が必要?と心配する人もいます。

当院には、そういう悩みを持った方が大変多くいらっしゃっています。
実は壮快カイロプラクティックは、肩こりの解決も得意なのです。

肩こり1
【肩こりってどんな状態?】
肩こりとは、首や肩周辺の筋肉がコリ固まって血行が悪くなった状態を言います。
人によっては筋肉が盛り上がり、腫れている様な状態になる事もあります。
血行が悪いですから、その部分には乳酸などの発痛物質が滞り、痛みに発展することもあります。
酸素も不足しています。

原因は…

【肩こりとマイクロソフトの意外な関係】
今振り返ると、1995年11月23日を境に、肩こりの人が増えているような気がします。
実はこの日は、Windows95日本語版の発売日だったのです。
日本ではこのWindows95の発売によって、パソコンが爆発的に普及したのは
記憶に新しいところです。

それまではパソコンは、会社での入力業務やごく一部の専門的な職業の人達が
使うものだったと思います。

それが個人にまで普及するキッカケとなったのがWindows95でした。
私が初めてパソコンを所有したのも、この時でした。
おかげで、知りたい情報はいつでも瞬時に調べることができる、大変便利な世の中になりました。
そういう意味で、マイクロソフトの日本経済や私たちの生活の利便性の向上への貢献度は
非常に大きいと思っています。

しかし反面、私はこのパソコンの爆発的普及が、肩こりも同様に
爆発的に増やしたと考えています。
ちょっと語弊のある言い方ですが、日本での肩こりが増えた背景には、
マイクロソフトの存在が大きいと思うのです。



【パソコンは姿勢が良いとやりにくい?】
パソコンを操作している時の姿勢を思い出してみて下さい。
或いは、パソコンを操作している人を観察してみて下さい。
背中が丸まって、モニターを覗きこむように顔が前に出ていると思います。

私はパソコンを使う人で、こういう姿勢以外の人はほとんど見たことがありません。
パソコンって、姿勢が悪い方が操作しやすい、とも言えるのかもしれませんね。
しかも、同じ姿勢のままで数時間がアッという間に経ってしまいます。
言い換えれば、首が前方に傾いた姿勢のまま、何時間も過ごしている訳です。

これがパソコン操作の特殊性です。


【ボーリングの球を首に乗せている?】
頭が重いというのは、あなたもおぼろげながらにはお分かりだと思います。
体重の10%程と言われていますので、60㎏の人だと約6㎏にもなります。
ボーリングの球と同じ位と言う人もいます。
私たちはこの重いボーリングの球を、首の骨と首や肩の筋肉で支えている訳です。


【柱の傾いた家は建っていられない】
顔が前に出ているということは、首が前に傾いているということです。
そうすると、この重い頭を支えるのに、首の骨が柱として機能できません。
もし家の柱が傾いていたら、周りの壁だけで屋根を支えなくてはならず、
想像しただけでも無理があるのは分かりますね。

そんな状態では、少しの地震でも家は倒壊するでしょう。

首が前に傾いた状態では、首の後ろ側の筋肉だけで重い頭を支えなくてはならないので、
筋肉がオーバーワークになるのです。
働きすぎたら当然疲れますよね?
私はこれが、肩こりの人を爆発的に増やした実態ではないかと思っています。

筋肉が疲労してコリ固まっている状態が、いわゆる「肩こり」です。


【さらに言うと】
首が前に傾いた姿勢は、首の骨の下部の椎間板の前方を押し潰した姿勢になります。
これを長時間続けていると、椎間板の内容物が後方に移動して刺激が出る「椎間板変性
の状態になります。(詳しくは椎間板変性ページをご参照ください)
この刺激に周辺の筋肉が反応して、コリを増幅させています。

例えば体のどの部分でも、突然「チクリ」と刺激を感じたら、無意識かつ反射的に筋肉が
収縮するのは想像できると思います。
これと同じようなことが首周辺で起こるのです。


【ワンポイントアドバイス】
肩こりを減らすには、血行を良くするのが最も確実な方法です。
そのためには、マッサージする、首や肩を温める、軽く運動するのが効果的です。

私がオススメしているのは、蒸しタオル。
濡らしたタオルを軽く絞り、電子レンジで1分ほどチン!
相当に熱い場合もありますので、火傷に注意してください。
熱すぎる時には、開いて少し冷ますと良いでしょう。

それを首や肩に乗せておき、冷めてきたら又1分チン!
これを2~3回繰り返します。
軽い頭痛にも効果的です。

そしてもう一つ大切な事は、頭を支えるのを首の骨にも手伝ってもらうこと。
そのためには、首が前に傾いて顔が前に突き出た姿勢を出来るだけやめ、
肩の上に頭が載るようなイメージで姿勢を維持することです。

このページの先頭へ