坐骨神経痛とヘルニアの違い

模型腰椎
いきなりですが、あなたは足が痛かったりしびれたりして、悩んでいらっしゃいますか?

もしかしたら、腰痛も・・・かも知れませんね。

そういう症状の場合、ある人には「ヘルニア」と言われたり、また別の人には「坐骨神経痛」と言われたりして、不安ばかりが増幅していませんか?

ここでは、そのことについて説明させて頂きます。

 

まず、一般的に「坐骨神経痛」は病名ではなく、坐骨神経が障害された結果起こる症状の総称ですから、症状名という方が正しいかもしれません。

 

 

  • 足が痛い(という症状)
  • 足がしびれる(という症状)
  • お尻が痛い(という症状)
  • 神経が締め付けられるようだ(という症状)

という事です。

一方「腰椎椎間板ヘルニア」は病名で、医師の診断によりつくものです。

 

ここがややこしいのですが、病名と症状名の関係です。

 

病院で「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されると、「腰椎椎間板ヘルニア」が病名でその結果出ている症状が「坐骨神経痛」という関係になります。

 

或いは「腰部脊柱管狭窄症」という病名が診断されて、その結果出ている症状が「坐骨神経痛」という関係になります。

これを更にややこしくさせているのが、病院の検査で「坐骨神経痛」の原因となるものが見つからない場合です。

その場合原因となる病名がないので、「坐骨神経痛」が病名の代わりとして診断名になることもあるのです。

ヘルニアや脊柱管狭窄症など、坐骨神経痛の原因となる病名が付かないような場合、画像や動作テストでは確認できなかったことになります。

ですから私はその原因は、推理するしかないと思っています。仮説を立てて検証して行くのですね。

そうすると多くの場合見えてくるものがあります。

 

それはあなたの日常生活の中に潜む原因です。

多くは姿勢的な問題が引き金となっていますから、まずは姿勢を良くする様に心がけてみて下さいね。

 

そしてそれでも解決できなければ、是非壮快カイロプラクティックにご相談下さい。

お電話:0120-63-5374

メール:info@sokai-chiro.com

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加