腰痛にストレッチは有効か?

前屈ストレッチ

腰痛があると、腰が張って辛いですよね?
だからストレットをしたくなります。
そして、ストレッチをし続けているんだけど、なかなか改善しないケースも多いですね?

このページでは、腰痛とストレッチの関係を探ってみたいと思います。

「ストレッチ一生懸命やってるんだけど良くならないんです…」

腰痛持ちの方が一般的に最も多くやっているストレッチが“前屈”だと思います。

腰が強く張っている方は、前屈のストレッチで筋肉を伸ばすと気持ち良いですよね。

だから毎日一生懸命にやっている方も少なくないと思います。

 

でも、ちょっと待って下さい。

 

良かれと思ってやっているそのストレッチが、腰痛の悪化要因になっている可能性もあるとしたら、ドッキリですよね。

特に長期的で何かの動作時に出る場合や、座っていると出る腰痛が続いている方の場合は、前屈ストレッチが有効でない可能性があります。

 

筋肉のハリ自体にはストレッチの効果は見込めると思います。

しかし、その筋肉のハリがなぜ起きているのか?

それを追究して行くと、前屈ストレッチはむしろ避けた方が良い場合も多数見受けられるのです。

ストレッチを避けた方が良いワケ

当院には椎間板を傷めた方が大変多く来院されます。

椎間板を傷めている方の原因を追究して行くと、100%姿勢的な問題に行き当たります。

姿勢が悪い、前屈みが多いといったことです。

それらが椎間板を傷めることにどうつながるのか?

 

それは、椎間板の前方を押しつぶして圧をかける頻度が極めて高い、という事です。

それが繰り返されると、その一方的な圧力に耐え切れなくなった椎間板組織(繊維輪)に亀裂が入ると考えられます。

 

これは推測ではあるものの、悪い姿勢が続くことがヘルニアにつながる事実から、まず疑う余地のないことだと考えています。

前屈みで椎間板の前方を押しつぶすことが多いから椎間板が傷み、ゆくゆくはヘルニアになる

この事実をふまえて考えてみましょう。

腰痛の方の前屈ストレッチは、まさに同じことをやっていることに気づくと思います。

 

そして、腰の筋肉のハリの根本原因が椎間板を傷めたことだとしたら、筋肉をストレッチすることが更に椎間板を傷めることになり、その結果なかなか張りが取れない、ということになります。

それどころか、更に椎間板が傷んでヘルニアになったり、そこまで行かずとも腰痛が更に悪化する可能性も十分にあります。

 

良かれと思ってやっているストレッチが、悪化要因になる可能性があるなんて意外ですよね?

このページのタイトル

「腰痛にストレッチは有効か?」

答えは椎間板が傷んでいなければ有効、椎間板が傷んでいたら、無効どころか止めた方が良いということ。

当院で解決可能な腰痛の見分け方

以下に該当したら、椎間板を傷めた腰痛の可能性が高いですから、当院でも最も多く、改善が得意な症例です。

  • 前屈すると痛い
  • 中腰が痛い
  • 反らせると痛い
  • 椅子から立つ時痛い
  • 座り続けていると痛い
  • 起床時が一番痛い

これらは全て椎間板が傷んでいる方にも出る痛み方の特徴です。

(同様の痛みが出る可能性は椎間板の他にもあります)

ワンポイントアドバイス

ストレッチを続けても良くならない場合、まずは一旦ストレッチを中止して、姿勢を良くするように努力してみてください。

ご自身でよく分からなかったり、なかなか解決できない時は是非ご相談下さい。

当院は“痛み・しびれの専門院”として、毎日数多くのこれらの症例と向き合っていますので、最も見慣れた症例です。

お問合せ画像

「腰痛」改善のためのページについて詳しくはこちら

「腰痛」改善のためのページ

「腰痛」改善のためのページに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加