椎間板の問題からの痛み

手でバツをする女性

手でバツをする女性

椎間板が傷んだ結果出やすい症状

痛みやしびれなどの「症状」は、神経を介して感じているのはお分かりになるかと思います。

椎間板に問題が起きると、その部位から神経に刺激が伝わる事によって様々な症状が出ます。

 

<下部頸椎の椎間板>が傷むと

  • 首の痛み
  • 頭痛
  • 目の奥の痛み
  • 顔のしびれ
  • 原因不明の歯の痛み
  • 肩・肩甲骨の痛み
  • 腕・手の痛みやしびれ
  • 胸の痛み

・・・等

<下部腰椎の椎間板>が傷むと

  • 腰痛(慢性・急性)
  • お尻の痛み・しびれ
  • 股関節痛
  • 坐骨神経痛
  • 足の痛み・しびれ
  • 歩きにくさ
  • 足の脱力感

・・・等

<胸と腰の接続部の椎間板>が傷むと

  • 胃の痛み
  • 食欲不振
  • 背中の痛み

・・・等

これらが代表的です。

これらの症状で困って病院の他、整体やマッサージに行ってみて良い結果が出なかったときは、相当高い確率で椎間板の問題を疑っても良いと思います。

【椎間板の構造】

椎間板は二重構造をしています。
中央に「髄核」というゼリー状の内容物があり、その周辺を線維の多いタンパク質でできた、「線維輪」という物質が包み込んでいます。
多くの場合椎間板の問題では、この線維輪の中央から後方に向けて亀裂が生じ、内容物である髄核がその亀裂内へ移動します。

これがさらに進行し、最終的に後方に向けて飛び出した状態が、いわゆる「ヘルニア」です。

亀裂が最後方まで伸びた結果です。

 

【椎間板が傷んで痛みが出るイメージ】

※斜線の部分に刺激が伝わると考えられます

椎間板の問題

【人間だけに頻発する】

そもそも何故私たちの椎間板は、こういった問題を起こすのでしょうか?
その原因は、私たち人間の生活上の特徴にあります。

人間は基本的に背骨を縦にして生活します。
そこが他の脊椎動物とは大きく違う点です。

私たちは座っている時、特に意識していなければ、腰が丸まった姿勢で座っています。
デスクワークの場合などは、かなりの長時間に及ぶことも少なくありません。
この腰が丸まった姿勢とは、椎間板で表現すると椎間板の前方を押しつぶした姿勢です。つまり、椎間板の前方に強い圧がかかった状態です。

また、私たち人間は、腰を屈めて何かをする機会が、他の脊椎動物に比べても格段に多い動物です。
これも椎間板の前方を強く押しつぶした姿勢です。こういった姿勢が多い事が腰痛や坐骨神経痛に発展します。

そして腰を丸めて座った状態を観察すると、首も前方に傾いています。
つまり、下部頸椎の椎間板も前方が押しつぶされるのです。これが、首の痛みや強度の肩こり、時には頭痛も引き起こしています。

このように、首から腰まですべての椎間板の前方が押しつぶされた姿勢が、とりわけ多いのが人間の特徴です。

だから、椎間板変性は腰や首に多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加