坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は、坐骨神経が何らかの障害を受けて出る症状名です。

坐骨神経は腰の下方や骨盤中央の仙骨のあたりから出て、足の先に向かって伸びる太い神経です。

一般的に坐骨神経痛を発する病名としては、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などが代表的です。

主な症状や状況は、

  • お尻や足(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)にビリビリとしたしびれや痛み
  • 足(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)の強いハリ
  • お尻や足(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)に「電気が走る」感じ
  • 足の付け根(股関節)、尾骨、お尻の筋肉の奥の方に痛みやしびれ
  • まれに肛門が痛むことも
  • 前屈すると痛みやしびれが強くなる
  • 腰を反らすと痛みやしびれが強くなる
  • 足に力が入りにくい
  • 立ったり座ったりがつらい
  • 排尿・排便に支障がある
  • 腰やお尻、足(太もも、ふくらはぎ、すね、足部)を触ると感覚がおかしい
  • お尻が冷える
  • 歩き方がおかしくなる

など

 

 

症状が出る場所は、足の後ろ側(モモやふくらはぎの後方)や外側に多い傾向が有ります。

内側に出る場合もあります。

坐骨神経痛になってしまったら、原因を把握するためまずは病院で検査を受けてみることをお勧めします。

腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症など、病名が明確になればその治療を受けるのが良いでしょう。

病院で分からない坐骨神経痛

坐骨神経痛は病院で原因がはっきりわからないものもあります。

病院での検査はレントゲン、MRI、CT、ラセーグテスト(仰向けで腿を垂直に上げ、そこから膝を伸ばして行くテスト)、SLRテスト(仰向けで足を伸ばし、医師が踵をもって足を上げられる角度を見るテスト)などが代表的です。

しかしどの検査でも分からない場合もあります。

(当院での状況では案外多いと思います)

 

画像にも原因らしきものが写っていませんので、診断は「異常なし」となります。

しかし、ご本人としては確かに症状を感じている。

こういった状況で来られる方が非常に多いのが、当院です。

当院では、こういう状況の方の場合、様々な質問から情報を集め、仮説を立てて対応します。

 

中には病院で明確に「ヘルニア」と診断を受けても、あえて当院に来られる方もいます。

その理由はそれぞれですが、誰かに紹介された方に多い傾向があります。

 

病名が付かない坐骨神経痛

病院の各種検査で原因が分からず、治療が上手く進まないために回復できないケースがあります。

その代表的なものを上げておくと

  • 梨状筋症候群
  • 仙腸関節の機能不全
  • 腰椎椎間板変性

が代表的です。

表現が診断名に似ていますが、診断は法的に医師にしか認められませんので、こういう表現を聞いたことがあるということ、とご理解ください。

・梨状筋症候群

一般に梨状筋症候群と呼ばれる、梨状筋という筋肉の拘縮(=短縮)によるもの。

梨状筋は骨盤中央の仙骨から始まり、大腿骨の一番上のでっぱり(大転子)まで、坐骨神経を横切るように付着する筋肉です。

短縮して坐骨神経を圧迫した際に坐骨神経痛を発症します。

・仙腸関節の機能不全

骨盤は中心の仙骨と、左右の腸骨が接する「仙腸関節」でつながっています。

この仙腸関節はごくわずかに動く関節ですが、固着化することで機能不全となります。

こういった場合にも、坐骨神経痛と同様の症状が出ることがあります。

・腰椎椎間板変性

当院では下部腰椎の椎間板が変性して、ヘルニアになる手前の状態でも、同様の症状が出ると考えています。

まだヘルニアになっていないので、画像診断にも写らないのです。

これは、医学の書籍の情報を基に当院で立てた仮説によりますが、整形外科で原因が分からなかった際に最も多いものではないかと考えています。

ですから、傷んでいるであろう椎間板を修復することで、多くが改善します。

病院の検査で原因が見つからない(病名が付かない)坐骨神経痛として代表的な「梨状筋症候群」「仙腸関節の機能不全」「腰椎椎間板変性」をカバーすることで、坐骨神経痛の改善率は大きく上がります。

 

以上、坐骨神経痛についての解説でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加