冷え性

冷え性の女性

冷え性の女性

女性に多い冷え性

あなたは冷え性ですか?

一般に女性の半分以上は冷え性と言われています。

辛いですよね?

壮快カイロプラクティックのメソッドでは、このつらい冷え性にも効果が期待できますので、このページでは冷え性を改善する基礎知識を説明します。

ポイントとなるのは体の熱を作る仕組みです。

暖かい体の基になる体熱は、代謝の副産物として作られます。

熱エネルギーは代謝によって生み出される

それでは代謝の内訳を見てみましょう。大きく分けて3種類の代謝があります。

1.基礎代謝:全体の70%程度

心臓などの内臓を動かしたり、呼吸をしたり、体温を保ったり、生きるための最低限必要な機能を維持するためのエネルギー代謝です。

 

基礎代謝のおおよその内訳は以下の通り。

  • 筋肉:約25%~(運動量による)
  • 心臓:約7%~(運動量による)
  • 肝臓:約20~30%
  • 腎臓:約10%
  • 脳:約20%
  • その他

全体の大半を占める代謝ですから、冷えの改善やダイエットなどにも大きく影響します。

2.生活活動代謝:全体の20%程度

日常生活において、筋肉や内臓などの運動エネルギーにより発生するエネルギー代謝です。

運動すると暖かくなるのは、筋肉と心臓の両方が活発に働くから、短時間で一気に暖まるわけですね。

ですから、日常的に運動量が多い方は、関連して基礎代謝も高くなります。

 

3.DIT(食事誘発性熱産生):全体の10%程度

食事の際の咀嚼、消化・吸収などにより発生するエネルギー代謝です。

タンパク質の消化・吸収で約20%と、最も多いとされています。

糖質や脂質の代謝でも各5%程度のエネルギーが発生します。

 

食事中に暑くなることがありますが、熱を産生しているためなのですね。

お腹を冷やしてはいけない理由

昔から私たちは、お腹を冷やさない工夫をして生活してきました。

あなたもお母さんに「お腹を冷やしてはダメ」と言われませんでしたか?

それにはこんな理由があるのです。

 

肝臓、腎臓、小腸は代謝にかかわりが深い重要な臓器で、冷えると重要な働きが低下します。

  • 肝臓=5大栄養素の消化(タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラル)、解毒
  • 腎臓=尿素などの代謝物を排出
  • 小腸=栄養の吸収、酵素の合成、免疫(70%が集中)

こんなに重要な働きをしている臓器が、お腹の中に集まっているのですから温める必要があるのです。

昔の人は、生活の知恵や経験でよく分かっていたのですね。

冷え性と低体温

低体温は深部体温(内臓の温度)が35℃未満の状態とされていますが、冷え性は違う考え方です。

冷え性は、普通の人が寒さを感じない温度でも、体が冷えてつらい症状とされています。

 

冷房の効いた現代では夏の冷え性も大変多いものです。

外で汗をかき、冷房で冷やされる時に汗と共に体熱が奪われ、冷え性になって行きます。

これに加え、暑いからと冷たい飲み物をたくさん飲んだり、入浴をシャワーですませるといった生活習慣も、原因となります。

 

女性に多い冷え症ですが、男性でも10%程度は冷え性に悩む方がいるようです。

コンピューターの発展に伴い、働き方が変化した昨今、運動不足による筋肉の減少やストレス、生活習慣病による動脈硬化などが関わっているのではないかと言われています。

体の中心部の体温を維持するために手足が冷える

私たちのすべての生命活動には、酵素が触媒として働いています。

ですから、「酵素が尽きた時が寿命が尽きる時」という専門家もいます。

その酵素の働きは、37℃で最も高まるため、内臓のある深部体温を37℃に保つために、体には体温を調節する働きがあります。

 

気温が高い時は手足や皮膚表面の血管を拡張させ、熱を逃そうとし、更に発汗により放熱して調節します。

反対に寒いときは、手足や皮膚表面の血管を収縮させて放熱を抑制し、心臓や肝臓など重要な臓器が集まる体の中心部に血液を集めて体温を維持します。

 

そのため血液が回り難くなった手足の末端は冷えるのです。

 

寒いと体がふるえますが、これは筋肉を動かすことで熱を作り出そうとする反応なのです。

冷え性改善4つのポイント

ここまで考えてきた事から、冷え性を改善するポイントが見えてきます。

  1. タンパク質、脂質、糖質(俗にいう三大栄養素)などを中心に、よく噛んでバランスよく食べる
  2. お腹を冷やさない(暑いからと、冷たい飲み物をガブ飲みしない)・お腹を暖める
  3. 入浴はシャワーで済ませず、浴槽に浸かる
  4. 軽くても良いので運動をする(散歩、ラジオ体操でOK)

日常生活でこれらを実行してみると良いはずです。

体温を上げる壮快カイロの【体温免疫整体】

当院のレギュラーメソッドには【体温免疫整体】と命名しています。

エネルギーを熱に変換して代謝を向上させる「褐色脂肪細胞」を活性化します。

そのため施術後実測値で、0.2℃~0.5℃ほど体温が上がる方が多いです。

 

「冷え性改善4つのポイント」と併用していただくと、より効果的に冷え性の改善ができます。

体温が1℃上がると、免疫力も30%上がるという有力な説もありますので、風邪などの病気の予防にも効果的です。

 

 

他にも水素風呂用水素生成器「リタライフ」のレンタルもやっております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加