肩甲骨の痛み

肩甲骨の痛み

肩甲骨の痛み

笑顔一杯

肩甲骨が痛い

当院には背中の「肩甲骨の辺りが痛い」と言って来院される方が増えています。

お話をお聞きすると、「長時間パソコン作業しているとつらくなる」とか、「書き物をしていると痛い」という方、「スマートホンを使っていると痛い」という方が多いです。

しかも年々増えている気がします。

あなたはいかがでしょうか?

もし同じことを感じていたら、ひどくなる前に解決してしまった方が良いですよ。

肩甲骨が痛い原因

原因について

肩甲骨が痛くなる原因について、代表的なものを説明します。

1.筋肉が短縮してしまっている

長時間に及ぶデスクワークでは、あなたの姿勢は背中が丸くなっているはずです。

よく見ると、丁度肩甲骨の辺りが最も丸まっていませんでしょうか?

この姿勢が長時間続くと、背中の筋肉が、丸まった状態に順応して定着してしまいます。

そして筋肉が縮こまることによって、筋疲労が増幅し痛みや強いコリにつながるのです。

更に背骨も負荷がかかり続けた状態が続くので、歪みの原因にもなります。

 

2.首の椎間板が傷んでいる

長時間のパソコン作業やデスクワークでは、顔が前方に突き出た姿勢や下向きの姿勢になります。すると首の下部の椎間板が傷んでしまいます。

その傷んだ椎間板から出た刺激が、肩甲骨に伝わっているケースも非常に多い物です。

 

3.スマートホンを使っていると痛い場合

この場合は、上記1.と2.の両方が該当する場合が多いですが、2.に関してはスマートホンが根本原因と言うよりは、すでに椎間板が傷んでいるからスマートホンの使用で症状が出る、と言った方がより正確です。

全部カバーするから

なぜ当院の施術で肩甲骨の痛みが解消するのか

筋肉の問題も背骨の問題も、椎間板の問題も、全部カバーするからです。

当院の基本的なスタンスは、考えられることは全部考慮して施術を組み立てます。

ですから漏れる範囲が少ないので、結果が出ることが多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加