四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩でお困りではありませんか?

このページをご覧いただいているあなたは、肩の痛みがなかなか改善できずにお困りではありませんか?

そして「四十肩・五十肩」を色々調べていらっしゃるのですね?

日常生活ではこんな不便を感じておられると思います。

  • シャツやジャケットを着る時に肩が痛い
  • 痛くて後ろ手ができない
  • 肩が痛くて腕が挙げられない
  • 段々悪化してきてこの先の生活が不安

もう大丈夫です。

少しずつ痛みを緩和することができます。

更に、今以上の悪化を食い止めることができます。

四十肩・五十肩とは?

四十肩・五十肩は、発症がその位の年代の方に多いことから付けられた俗称です。

病院での診断名は「肩関節周囲炎」と言います。

 

その名の通り、肩関節の周辺で炎症が起きていると考えられていますが、現時点では明確な原因は分かっていません。

 

初期段階では、「なんとなく肩が痛い」という程度の感じ方から始まることが多いものです。

そして徐々に強くなり、やがて肩全体が痛みで上がらなくなったり、腕が十分に動かせなくなります。

 

一般的に左右片側に発症し、両方同時に発症する事例はまずないとされています。

半年くらいから、長い人では数年続き、いつの間にか治ってしまうこともあります。

 

その発症例は江戸時代から記録されているようです。

早く改善するには?

痛いので動かすことが辛いのですが、肩関節は動かさずにいると更に固まってしまいます。

そこから更に悪化する傾向が有ります。

 

可能なら出来るだけ動かした方が、回復も早くなります。

 

自力で動かすことは痛みが強いので、他動的に、つまり何か重りとなるようなものを持って、その重さを利用して“振り子”のように動かすと、比較的スムーズに動かすことができます。

 

また、一般的に炎症では「冷やす」ことが良しとされますが、それは痛みの緩和への対処法です。

冷やすと楽になるように感じるのですが、冷やすと関節の可動性は低下します。

本来は温めた方が回復は早くなります。

(打撲など外傷による炎症では、痛みがさらに強くなるのでお勧めしません)

  • 他動的に動かす
  • 暖める

を繰り返してみてください。

肩関節について

肩関節は、肩甲骨のくぼみに上腕骨がはまる形になっています。

そのため肩関節に起きた問題は、肩甲骨にも影響します。

 

四十肩・五十肩では、肩関節を包む関節包に炎症が起きていると考えられています。

 

また、肩に痛みがあるのに可動域が減っていない方は、単に肩関節が緩いだけの「弛緩肩」(しかんかた)の可能性があります。

 

「弛緩肩」(しかんかた)の方は、肩関節が外れやすかったり、四十肩・五十肩と思いこんで薬を飲んでも、炎症ではないので効かなかったりします。

 

薬を飲んでも効かない場合には、念のため整形外科で診てもらった方が良いでしょう。

一般的な病院での対処法

痛みが激しかったり、可動域の制限が著しい場合などは、まずは整形外科を受診して下さい。

 

関節包という関節を包む組織の癒着がある場合等は、手術が必要な場合もありますので、専門の医師に判断してもらいましょう。

注射で痛み止めをしてもらえる場合もあります。

 

それほど重症でなければ、一般的に痛み止めが処方されることが多いです。

痛み止めに加えてリハビリを行いますが、多くの場合ある程度まで回復したら回復が止まります。

当院に来院される方々にも「病院のリハビリである程度は軽くなってきたけど、それ以上は改善が進まない」という方も少なくありません。

当院での四十肩・五十肩に対する対策

四十肩・五十肩は、原因が分かっていないために対策が難しく、長引く傾向は否定できません。

 

対策については、本来は回復までに半年かかるであろう症状が、3か月程度で良くなったり、1年が半年程度に短縮したり、狭くなった可動域が広がったりと、回復期間の短縮や可動域の制限を軽減することが主な改善となります。

個人差はありますが、時々目を見張るほどの大幅な改善をする方もいます。

 

しかし残念ながら、短期的には痛みが完全になくなる事はあまりありません。

 

ですから、初期段階ではさらに悪化することを予防することと、可動性を維持することに主眼を置いています。

 

整形外科で「四十肩・五十肩」と診断されて、薬を処方され飲み続けても、リハビリを受けても全く改善しない場合は、病院の検査では分からない問題が隠れている場合もあります。

 

一例としては頚部の椎間板が傷んでいるケースです。

こんな症状の四十肩・五十肩では…

・夜中にズキズキと肩が痛んで眠れなくなることがある

動いているときよりもじっとしているときの方が痛みを感じる。

 

・痛みで目覚めてしまうことがある

ようやく眠りについても、夜中に痛みで何度も目覚めてしまう。

 

・関節の動きが悪くなる

四十肩や五十肩になると、腕を横方向に上げることが困難になります。

 

こういう四十肩や五十肩では、発症しやすい方の職業的な傾向は、デスクワークの方に多い傾向があります。

 

このような場合は椎間板の問題の可能性もあります。

是非当院の【椎間板症】のページをご参考にしてみて下さい。

初検料なし

大丈夫です

LINEで予約する

院長からのメッセージ

四十肩や五十肩は、即座に改善することはまれですので、まずは悪化を食い止めましょう

そして出来るだけ早く回復するために、肩をどんどん動かす必要があります。

施術により、動かしやすくすることは可能ですので、動かせる下地を作って回復を目指しましょう。

病院でなかなか改善が見られない時は、是非一度お越しください。

病院とは別の見方で、良い結果が出ることもあります。

かつみカイロ整体院 本屋院長

松本院長との出会いは2002年4月、五反田の大川カイロプラクティック専門学院に入学した時でした。

学校の授業では実技を何でもすぐにこなしてしまうので「すげー!」といつも思っていたのを覚えています。

こと仕事に関しては私が壮快カイロに勤務していた頃から「この日本から腰痛を撲滅したい!」とビジョンを持たれていて、腰痛治療は大変勉強になりました。
その技術を私の治療院でも使わせていただいてますが患者さんに大変喜ばれています。

カラダの「痛み、しびれ」でお悩みのあなた、松本院長の施術を受ける事をぜひおすすめします。

かつみカイロ整体院 本屋 勝海

西八王子整体院 森田院長

母校である大川カイロプラクティック専門学院の授業のあと、新しいスタッフを募集に来た松本先生のお話を聞き、院内や施術の様子を見させてもらい、松本先生のもとで修行しようと決心し、その後2年間、いろいろなことを学ばせていただきました。

病院や他の治療院で改善しなかった方々が、次々と改善していく様子をこの目で数えきれないくらい見ました。

松本先生は患者さんの辛い症状を何とかしたいと真剣に考え、日々研究しています。

今現在、痛みやしびれなどの辛い症状に苦しんでいる方、どこへ行っても変わらないとあきらめている方は、すぐに松本先生に相談してみて下さい。
必ず力になってくれるはずです。

そして、少しでも早く辛い状態から抜け出して、やりたいことをやれる生活を取り戻しましょう。

森田カイロプラクティック西八王子整体院

実は治療院の“ちがい”って、本当によく分からないんですよね。

私も他の治療院と客観的に比較することは、なかなか難しいです。

そこで、時々患者さんから言われる「壮快カイロってこうだよね」ということが、当院の他との“ちがい”なのかな?と思いますので、ご紹介します。

その1

徹底した説明で分かりやすい

私が患者さんに時々言われることで驚くのは、「こんなに説明されたことない」というお言葉。

そんな時私は「よそ様は説明が少なくて大丈夫なのかな?」と思います。

「本質的な事を理解しないと解決できる訳がない」と考えているからです。

そのため問題を解決するために必要なことは、出来るだけ詳しく説明しようとしますので、時として少し時間がかかってしまうこともあります。

しかし、問題の解決には原因と対策を理解することが不可欠と思っていますので、少々説明が多い事は当然だと思っています。

何卒ご了解くださいませ。

その2

オリジナルの方法で納得できる

あなたの体の問題を解決するにあたり、私のやり方は完全オリジナルの対策が多いため一般的ではないかも知れません。

「医師に言われたことと全然違う」と言われることもしょっちゅうです。

その時私は「まだ解決していないからここにいるのだから、今までと違うことはむしろ解決への可能性」だと思っています。

が、必ずしも常識的な方法でもない場合もありますので、多くの場合初体験となるでしょう。

その3

多くの質問、現実的な判断で的確

私はお客様の日常生活での傾向を、様々な角度からの質問によって把握します。

そして情報を集めたら、一般的な常識より現実を優先して判断します。

多くの質問をし、現実的に考えるからこそ的確な原因追及ができるのだと考えています。

その4

保育士がいる託児室完備

単にお子様を預かるだけでなく、保育士がお子様と楽しく遊びます。

託児室のドアの中から、「キャッキャッ」という楽しそうな叫び声が聞こえてきます。

ママにも「さすがプロ」とほめていただくことも多いです。

来た時にはママと離れられずに泣いている子が、帰りには「帰るのヤダ!」と泣いています。

それはそれで困ってしまいますが・・・(笑)

 

その5

問題解決への執念がスゴイ

私は、あなたの体に起きている問題を解決するために、必要と判断したことは何度でも繰り返します。

アドバイスに対して、実行できていない時には指摘もさせて頂きます。

時として「くどい」と感じられてしまうかもしれません。

でも、あなたが当院を選んで下さった理由は「解決できるかも知れない」と思って頂いたからだと思っています。

その期待に応えるため、全力を挙げて対応させて頂きます。

初検料なし

大丈夫です

LINEで予約する

追伸

四十肩や五十肩になってしまうと、日常生活が不便ですよね。

その不便さを何とか少しでも減らせるよう、ご一緒に頑張ってみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加