自律神経の不調

リラックスするどー!

リラックスするどー!

笑顔一杯

自律神経って何?

自律神経とは、私たちが意識していなくても自動的(自律的)に内臓、血管などの働きをコントロールする神経です。

だから“自律”神経なのですね。

 

「闘争と逃走の神経」とも言われる交感神経と、反対に「休息の神経」と言われる副交感神経で構成されていて、各器官に対して相反する働きをしています。

まるでシーソーの様に、一方が活発ならもう一方は抑制されます。

 

交感神経は心身を興奮状態に置き、いつでも活動できる体制を作ります。

目覚めて活動をはじめると、交感神経が副交感神経よりも優位に働き、活動することができます。

活動に応じて全身に血液を送るため、心臓が活発に働き血圧も上がります。

 

また、活動中に排尿や排便があってはならないので、膀胱の筋肉はゆるみ尿を溜められる量が増えたり、肛門括約筋が締まって便が出ないようにしています。

 

或いは誰かと喧嘩になった時、興奮して自然と呼吸が荒くなり、血圧も上がります。

他にも怖い犬に追いかけられて逃げる時、心臓はバクバクで変な汗が出たりします。

これらも交感神経が必要に応じてコントロールしている体の反応です。

 

反面、リラックスしていると眠くなりますよね?

そして夜寝るべき時になると副交感神経が優位に働き、眠くなる様にコントロールします。

また睡眠中でも、消化器官は活発に働いています。

これらも副交感神経の働きによるものです。

リラックス全般を支配するのが副交感神経だと思ってください。

「闘争と逃走の神経」交感神経

闘争?逃走?

交感神経は、大まかにいうと活動の神経とイメージしていただくと分かりやすいかもしれません。

例えば敵に襲われて闘うときには、全身の筋肉に血液を大量に送り込んで、力を出さなければなりません。

野生の中では身を守るためには、全力で逃げなければなりません。

そのためには、心臓を活発に動かして血液を全身に送り、酸素を大量に取り込むために大きく息を吸います。

そんな状況の時には、食べ物を消化している余裕はありませんので、消化器官は働きが抑制されます。

仕事でも同じことが言えます。

毎日忙しくて、常に緊張している方も最近では大変多いようです。

そのような環境で生活している方は、交感神経優位な状況になりやすいと言えます。

交感神経の働きによるもの

交感神経は「闘争と逃走の神経」と例えられるように、活動を支配する神経です。

従って、活動するためのあらゆる作用を支配します。

  • 心拍数増加、血圧上昇など循環器系の活発な作用
  • 瞳孔拡大により光をたくさん取り込む(=情報を多く取り込む)
  • 気管支弛緩により酸素を大量に取り込む
  • 血糖値上昇によりエネルギーを全身に回す
  • 吸気(息を吸う=力が入る)
  • 射精

など。

「休息の神経」副交感神経

副交感神経は、交感神経とは真逆の働きをイメージしていただくと分かりやすいです。

 

例えば食事はゆったりとリラックスして食べたいですよね。

野生動物をみても、食事は敵がいない所で食べます。

敵がいたらおちおち食事なんてしていられない訳です。

 

或いは、寝る時は緊張していたら眠れません。

ですから、副交感神経が優位に働くことで、交感神経が抑制され睡眠へと誘われます。

 

更に食事中や睡眠時に消化器官が活発に働けるのも、副交感神経の働きによります。

このように、リラックス全般を支配しているのが、副交感神経です。

副交感神経の働きによるもの

副交感神経は「休息の神経」の例えの通り、睡眠やリラックス状態を支配しています。

例えば、全身の力を抜く時に息を吐くのをご存知の方も多いと思います。

息を吐くのは副交感神経の支配ですから、体から力が抜ける訳です。

 

また、戦闘状態では消化している余裕がありませんので、消化器官はリラックス時に活発に働くのです。

  • 消化器官を活発に働かせる
  • 睡眠
  • 呼気(息を吐く)
  • 排尿、排便
  • 勃起

現代人は人間関係などのストレスや、多忙化学物質電磁波などの影響もあり、自律神経のバランスを崩しやすい環境と言えます。

どちらかというと、交感神経優位で副交感神経の働きが低下している方が多い傾向があるように思います。

 

その結果

  • 食欲不振
  • 消化不良
  • 寝つきが悪くなる、睡眠の質の低下
  • 便秘、下痢
  • 呼吸の乱れ(過呼吸など)

等のような状況で悩んでいる方が増えています。

 

当院の施術では、比較的軽度のうちなら、これらはかなり早く改善することが多いです。

ですから、あまり深みにはまってしまう前にご相談いただけると、お役に立てるのではないかと思います。

 

ポイントは「低下している副交感神経の働きを、強制的に活性化する」ことです。

「そんなことできるの?」と思ったかもしれませんが、十分に可能なんです。

 

それは、私たちの全身は、脳から始まる神経によって支配されているからです。

これは、体の細胞と神経には密接な相関関係があることを示唆しています。

相関関係ですから、体の変化が神経に影響することもあり得るわけです。

 

このことは、体を強制的にリラックスさせることで「低下している副交感神経の働きを、強制的に活性化する」ことが、ある程度可能なことを裏付けています。

つまり、施術により体をリラックスさせることで、副交感神経の働きの低下による上記の症状は、改善できる可能性が高いのです。

 

ですから当院で施術を受けて頂いた方は、「よく眠れるようになった」「お通じが良くなった」「お腹の調子が良くなった」という方が非常に多いのです。

別に病気ではないけど、ちょっと気になる寝つきの悪さやお通じの悪さなどを感じたら、是非一度ご相談下さい。

お問合せ画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加