野菜作り2018年秋

私は基本的に、自分が食べる野菜の多くを自分で作っています。
目標は全部自分で作ることですが、作業時間が限られていることもあり、なかなか全部は難しいです。
2018年10月25日(木)の作業をご紹介します。

まずは植え付けが終わった冬野菜の生育状況の確認。

キャベツは順調に育っています。
キャベツの隣はブロッコリーです。

手前側が芽キャベツですが、もうすでに茎に目のような小さなのが出てきています。

同じ種なので葉はほとんど同じですが、カリフラワーも育っています。

白菜も順調ですが、葉の多くが虫に食われています。

カブも随分大きくなりました。
向うに見えるのは大根ですが、先日の台風でやられてしまいました。
一部種を蒔き直しました。

主な作業ですが、少し長めの床を作りました。
ここに絹さやの種を蒔きます。
少し余るので、後で何かを植えるつもりです。

絹さやの種は一つの穴に2粒蒔きます。

必ずどちらかは発芽するように、ということですね。

玉葱の床には、穴が沢山空いたマルチを敷きます。
この穴に苗を1本ずつ植えて行きます。

植付が終わったものです。
細い長ネギみたいですが、これが大きく育って地中で玉になります。

作業を終えた私です。
ちょっと疲れた顔をしていますが、ご心配には及びません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加