ウィルスや病気に負けない体づくり

いよいよコロナウィルスワクチンの接種が始まりました。

現時点ではまだ年齢の指定などもあり「まだかまだか」と気をもんでいる方も多いでしょうね。

ワクチン接種は任意ですから、打たないことを選択している方もいるはずです。

  • 「待っているけどなかなか順番が回ってこない」
  • 「ワクチンを打ちたくない」

こういう皆さんの不安を少しでも小さくするために、このページでは、ワクチンを打たなかったとしてもコロナウィルスに負けない具体策をご提案します。

その具体策とは“免疫力を出来るだけ高い状態に保っておくこと”

免疫力が高ければ感染したとしても発症しませんからね。

LINEで予約する

1.体を温める

”冷えは万病のもと”という言い伝えがあります。

その通り、体を冷やすのは病気を呼び込むことにつながります。

例えば日本で死亡数の多さから最も恐れられている病気”ガン”を例に挙げると、体が冷えているとがんが発症しやすくなることが分かっています。

病気の予防には特にお腹を温めるのが大変重要です。

腸には免疫細胞の70%以上が集まっているからですね。

  • ※昔の人は腹巻などしてお腹を冷やさないようにしていました。これも先人の知恵ですね。

2.体温を上げる

体温が1度上がると免疫力は30%も上がると言われています。(もっと多いという説も)

だから体温を上げる努力をするべきです。

例えば前項の”ガン細胞”は35度位の温度で最も活発に増殖すると言われています。

近頃では35度台の低体温の人が増えています。

これではウィルスなどの外敵が体内に侵入したら強力には闘えないですね。

弱っちいガードマンじゃ大切な体は守れませんね。

  • ※お風呂はシャワーで済ませるのでなく、浴槽に浸かる習慣をつけると良いですね。
  • ※冷たいものより温かい飲み物を飲むと良いです。
  • ※散歩程度でも良いので軽く運動する習慣を付けましょう。一駅手前から歩く、階段を使う、ラジオ体操を欠かさないなど、出来ることは沢山ありますよ。
  • ※体温と免疫力の変動には、明らかに連動性があります。

3.しっかり睡眠をとる

ストレスや疲労は免疫力低下の重要な要因です。

睡眠は脳や体を回復させるための大切な時間。

しっかり質の良い睡眠をとることは、免疫力を維持するためにもとっても重要です。

当院の施術には自律神経のバランスを整え、質の高い睡眠へと導く技術が工夫されています。

  • ※就寝直前までパソコンやスマホを使うのは自律神経のバランスを乱すのでお勧めできません。最低でも就寝の1時間前には使用を終わりましょう。

LINEで予約する

だ・か・ら・・・体温免疫整体なんですよ。

 

これら3つの要素をすべて満たしているのが、当院の施術なのです。

もちろんずーっと当院にいる訳ではないので、日常での注意点などはあります。

それらの徹底したアドバイスがありますから、ちょっとズボラなあなたも大丈夫です。

もう、うるさいくらいに言い続けますから(笑)

実際に当院の施術を受けるようになって「風邪をひかなくなった」と言っている人って、非常に多いんですよ。

 

今メディアで流されている予防情報って、ワクチン以外は全てウィルスを避けることにフォーカスしています。

でも結局ウィルスって目に見えませんから、避けることにはおのずと限界があるんですよ。

じゃあ具体的にはどうすれば良いのか、冷静に考えてみました。

「見えないウィルスは避けきれない」

これが結論です。

もちろんうがい、手洗い、可能な限りの消毒などは実行したうえでの話ですが、体内に侵入するのは仕方がない。

だから自分の免疫力の強化で、ウィルスに負けない体に保っておくのが一番現実的だと思うんです。

壮快カイロプラクティック

〒135-0033東京都江東区深川2-5-8 クリスタル門仲一階