不眠症(寝つきが悪い)

寝つきが悪い

寝つきが悪い

ヘルモアバナー

メディア掲載

眠れなくてお困りではありませんか?

  • 寝つきが悪い
  • 寝ても疲れが取れない
  • 夜中に何度も目が覚めてしまう
  • 昼間なのに眠くて集中できない

眠りたいのに眠れないのは、イライラして大変つらいものですね。

睡眠は脳や体の疲労をリセットする大切な時間です。

ですから睡眠の質が悪いと、疲れが取れない、集中できない、頭痛、思考が鈍くなるなど、様々な問題に繋がります。

深刻な問題になる前に、是非当院にお越しください。

 

当院の施術は深いリラックス感が得られ、睡眠が即座に改善する方が大変多い整体法です。

不眠症とは?

不眠症は4つのタイプに分類されます。

  1. 入眠障害(寝つきが悪い)
  2. 中途覚醒(夜中に目が覚めてしまう)
  3. 早朝覚醒(朝予定よりずいぶん早く目覚めてしまう)
  4. 熟眠障害(グッスリ寝た感じがしない)

これらがどれか一つ、または複数当てはまる方もいます。

不眠は夜眠れないという問題だけではなく、日中眠かったり、集中出来ないなど、日常生活に多くの影響を及ぼします。

車を運転する方などは、特に注意が必要です。

日本人の成人3人に1人が、不眠を感じていると言われています。

不眠の原因は、何らかの理由で「睡眠」と「覚醒」のバランスをコントロールできなくなった状態と考えられます。

つまり、不眠症の原因は自律神経の乱れなんで

一般的な医療機関での対処法

医療機関での治療は、薬を使う方法と使わない方法がありますが、一般的に広く知られているのは睡眠薬を使う方法です。

睡眠薬の処方に加えて、日常的な生活習慣などの指導も行われます。

どうしても眠れない方は睡眠薬の使用も良いと思います。

睡眠は健康維持のうえで、大変重要だからです。

睡眠時間は、一日の様々な負担から脳や体を回復させている時間です。

リセットするから毎日頑張れるのです。

 

当院のアプローチ【壮快“不眠症”リセットシステム】

当院の不眠症対策で、最も効果が高いのは「寝つきが悪い」タイプの入眠障害です。

寝つきが悪くなる要因は様々ですが、「睡眠」と「覚醒」のバランスをコントロールできなくなった状態なら、自律神経のバランスを整えれば比較的速やかに改善しています。

睡眠は副交感神経というリラックスする神経が支配しています。

ですから、神経をリラックスさせることで、早く結果が出るのです。

その方法は、体を強制的にリラックスさせる手法を用います。

体と自律神経は非常に密接な関係にありますので、体がリラックスすると副交感神経が活発に働くのです。

もう一つ、自律神経のバランスを整えるために、脳に直接アプローチします。

脳波をコントロールして、セロトニンという脳神経伝達物質を増やし、ストレスを消す手法を同時に行います。

これにより深いリラックス感が得られ、自然な睡眠に入ることが出来るようになります。

LINEでご連絡頂く方は下記より”友達登録”お願いします。

 

LINEで予約する

【2019年12月22日(日)より以前に友達登録して頂いた皆様へ】

誠にお手数で恐縮ですが、再度の友達登録をお願い致します。

大変申し訳ありません。

院長からのメッセージ

「最近寝つきが悪いな」と感じたら、すぐにお越しください。

あまり悪化してしまう前なら、初回から改善するケースがほとんどです。

薬やアルコールに頼るより、健康的に解決を図ることができます。

睡眠が改善すると、日中のパフォーマンスも上がり、体も元気になりますよ。

かつみカイロ整体院 本屋院長

松本院長との出会いは2002年4月、五反田の大川カイロプラクティック専門学院に入学した時でした。

学校の授業では実技を何でもすぐにこなしてしまうので「すげー!」といつも思っていたのを覚えています。

こと仕事に関しては私が壮快カイロに勤務していた頃から「この日本から腰痛を撲滅したい!」とビジョンを持たれていて、腰痛対策は大変勉強になりました。
その技術を私の院でも使わせていただいてますがお客様に大変喜ばれています。

カラダの「痛み、しびれ」でお悩みのあなた、松本院長の施術を受ける事をぜひおすすめします。

かつみカイロ整体院 本屋 勝海

西八王子整体院 森田院長

母校である大川カイロプラクティック専門学院の授業のあと、新しいスタッフを募集に来た松本先生のお話を聞き、院内や施術の様子を見させてもらい、松本先生のもとで修行しようと決心し、その後2年間、いろいろなことを学ばせていただきました。

他の院で改善しなかった方々が、次々と改善していく様子をこの目で数えきれないくらい見ました。

松本先生は患者さんの辛い状況を何とかしたいと真剣に考え、日々研究しています。

今現在、痛みやしびれなどの辛い状況に苦しんでいる方、どこへ行っても変わらないとあきらめている方は、すぐに松本先生に相談してみて下さい。
必ず力になってくれるはずです。

そして、少しでも早く辛い状態から抜け出して、やりたいことをやれる生活を取り戻しましょう。

森田カイロプラクティック西八王子整体院

LINEでご連絡頂く方は下記より”友達登録”お願いします。

 

LINEで予約する

【2019年12月22日(日)より以前に友達登録して頂いた皆様へ】

誠にお手数で恐縮ですが、再度の友達登録をお願い致します。

大変申し訳ありません。

5つの理由

結果が出るから

当院は2004年2月の開業以来、ずーっと“痛み・しびれ”の改善に取り組んできました。

ですから今では、絶対とまでは言わないまでも、出る条件が合致している“痛み・しびれ” であれば、ほぼ大丈夫と言えるほどに解決が見えるようになりました。

(初めての方へ参照)

そしてこの出る条件は、極めて一般的なものですので、あてはまる方も極めて多いものです。

保育士がいる託児室があるから

単にお子様を預かるだけでなく、保育士がお子様と楽しく遊びます。

託児室のドアの中から、「キャッキャッ」という楽しそうな叫び声が聞こえてきます。

ママたちにも「さすがプロ」とほめていただくことも度々です。

来た時にはママと離れられずに泣いている子が、帰りには「帰るのヤダ!」と泣いています。

それはそれで困ってしまいますが・・・(笑)

やり直しができないのが育児です。

ママが育児を楽しめることが、お子様の健やかな成長にも良い影響をするはずです。

当院の託児室が強力に応援します。

原因が分かるので再発しないから

今まで結果が出なかったのは、単に原因を理解していなかっただけかも知れません。

原因を理解すれば対策もブレません。

原因が分かり、対策がブレなければ解決の可能性は飛躍的に上がります。

そして原因を理解しているということは、防ぐ事も出来るということ。

当院では問題解決後の維持もセットで対策しますから、アドバイスを守って頂く限り再発させません。

自分で対策できるようになるから

 

原因を理解して対策を覚えて頂けば、安定した後は自分で対策できるようになります。

自力でどうにもできない時だけ施術を受けに来て、あとはセルフケアで安定した状態を継続することも可能なのです。

キチンと話を聞いてくれるから

 

当院で時々耳にする事ですが「こんなに話を聞いてもらったことがない」という方がいます。

当院では、お話を聞くことが問題解決の“はじめの一歩”だと思っています。

ですから様々な角度からたくさんの質問をします。

それにより得られた情報から解決策を導き出します。

だから結果が出やすいのです。

お悩みは「こんなこと関係ないかも?」と思わずに、何でもご相談下さい。

案外、関係なさそうなことが解決につながったりすることもあるんですよ。

 

LINEでご連絡頂く方は下記より”友達登録”お願いします。

 

LINEで予約する

【2019年12月22日(日)より以前に友達登録して頂いた皆様へ】

誠にお手数で恐縮ですが、再度の友達登録をお願い致します。

大変申し訳ありません。

追伸

【自律神経について、補足説明します】

自律神経とは、自分で意識していなくても、全自動で体の機能をコントロールしている神経です。

ざっくりな説明ですが、活動モードである交感神経と、休息モードである副交感神経で構成されています。

正反対の機能を持つ神経が、それぞれ全身の各機能を分担してコントロールしています。

睡眠は休息モードである副交感神経がコントロールしています。

この副交感神経の働きが低下した結果、寝つきが悪くなったり、睡眠の質が低下するのです。

副交感神経の機能低下の原因

活動モードである交感神経が活発に働いている時は、副交感神経の働きは抑制されます。

就寝時に交感神経が活発な状態、つまり活動している状態だと副交感神経は抑制されていますから、寝つきは悪くなります。

特別活動しているわけではないのに

交感神経の働きが活発になるのは、必ずしも活動だけではありません。

近頃の生活習慣では、パソコンやスマートホンを使用する方が多いです。

これらの電子機器は、交感神経を活性化している可能性があるのです。

ですから、就寝の直前までこれらの電子機器を使用すると、寝つきが悪くなる傾向が顕著にあります。

寝つきが悪いあなたは、寝る直前までパソコンやスマートホンを見ていませんか?

おそらく交感神経が活発に働いてしまっています。

自分では活動している自覚はないのですが、神経の状態としては副交感神経の働きが抑制されてしまうため、スムーズに睡眠に入れないのです。

夜パソコンやスマートホンを使う方は、就寝の1時間以上前には止めてみましょう。

それでも寝つきが悪い状態が改善されなければ、更に深刻になる前にすぐにご連絡下さい!