便秘

便秘

便秘

腸には免疫細胞の70%~80%が集まっていて、「第2の脳」と呼ばれるほど神経細胞が集まっています。

ですから、腸のはたらきが低下すると、免疫機能の低下を招き、様々な病気になるリスクが上がります。

たかが便秘と侮ってはいけません。

2011年の大腸がんによる死亡数は男性が3位、女性では1位となっているのです。

まだ便秘と大腸がんの因果関係は明確にはなっていませんが、がんの70%が直腸とS状結腸にできている事実から推測すると、便秘との因果関係も完全に否定はできないのです。

便秘を解消するためには、大腸の蠕動運動を活性化させなければなりませんが、大腸を含めた消化器官の働きは、自律神経の副交感神経に支配されています。

便秘でお困りではありませんか?

  • 数日間お通じがない
  • お腹が張って痛い
  • 食欲もなくなってきた
  • 肌が荒れる
  • 薬には頼りたくない

もう大丈夫です!

それは「自律神経」を、

特に副交感神経の働きを整える作用が大きいのが当院の施術の特徴だから。

副交感神経を整えることは便秘解消に必要不可欠な条件で、薬では出来ない根本からの解決法なのです。

実際当院の施術を受けて頂いた皆様は、お通じが良くなったことを実感されています。

ですからあなたの場合も例外ではありません。

便秘と消化器官の関係とは?

胃や小腸で消化された食物は、どろどろの液状となって大腸で水分が吸収されて固形化します。

一般的に例外を除いて、24時間から48時間位で排泄されると言われています。

大腸内の滞留時間が長いほど水分が吸収され続けるために、便は少なく硬くなります。

消化管は口から肛門まで(入口から出口まで)、一本の管でつながっています。

蠕動(ぜんどう)運動によって先へ先へと運ばれて行く過程で、栄養の吸収や細分化が進んで行きます。

腸も含めた消化器官の働きは、自律神経の副交感神経によって支配されています。

副交感神経とは、大まかにいうとリラックスしている時に働いている神経です。

従って、ストレスなどで緊張状態にある時は、副交感神経の働きが低下するため消化器官の働きも悪くなります。

これが便秘につながるメカニズムの代表的な例です。

便秘の原因

日本人女性は半分以上が便秘

男性よりも女性が便秘になりやすいのには理由があります。

男性に比べて女性は生理学的に筋力が弱いです。 腹筋も男性より弱いため、大腸が便を送り出す力が弱いと言われています。

女性ホルモンである「黄体ホルモン」の働きにより、水分や塩分などをとどめるように指令が出て、大腸から便の水分が吸収されて便が硬くなります。 また、「黄体ホルモン」の子宮筋の収縮を抑制するはたらきが腸にも影響して蠕動運動を低下させる可能性もあるようです。月経の前や妊娠初期に便秘になりやすいのは、特に「黄体ホルモン」が多く分泌される時期だから。

ダイエットをする女性は多いですが、食事量を減らすことで食物繊維や水分を減らすことになり、蠕動運動が低下し、便が硬くなり排出されにくくなります。

女性は外出先では排便(大便)を我慢することが多く、環境の変化の影響も受けやすいと言われています。

薬が原因の場合

薬の影響により腸の蠕動運動が抑制されて便秘になることもあります。

モルヒネなどの鎮痛薬や抗ヒスタミン薬、抗うつ薬、一部の降圧剤や不整脈の薬なども便秘になる可能性があるようです。

該当する薬を服用している方は、医師にご相談下さい。

その他、糖尿病や甲状腺機能低下などの疾患が原因で便秘になることもあるようです。

当院での便秘に対する対策

当院の施術では、体を強制的にリラックスさせることで、副交感神経を活発に働かせる作用があります。

副交感神経が活発に働けば、大腸の蠕動運動が促進され、便秘が解消する可能性が高まります。

また、花粉症などのアレルギーで抗ヒスタミン薬を飲んでいる方や、抗うつ薬を飲んでいる方には、それぞれアレルギー対策うつ対策の施術を加えますので、薬を減らせるようになります。

ですから、これらの薬が原因での便秘にも対応いたします。

便秘を改善したい方、是非お試しください。

施術の他にも、便秘を解消しやすい食事や生活習慣などもアドバイス致します。

院長からのメッセージ

便秘対策には

食物繊維を多く含む食材を食べる(食物繊維は、豆類、穀類、野菜、きのこ、海藻等に多く含まれます)

特にオススメなのは、主食を玄米に替えることです。 白米よりも食物繊維だけでなく、ミネラルなどの栄養素も豊富で、体のバランスを整えてくれます

 

・水や油を多く摂る

水分が少ないと、便が硬くなります。 また、質の良い油をとることで、お通じが良くなる傾向もあります。

 

・環境をリラックスできるように整える

消化器官は副交感神経によって支配されています。 副交感神経はいわばリラックスする神経ですから、リラックスすることで副交感神経が優位な状況が作れます。 副交感神経が優位になると、大腸の蠕動運動が活発になり、お通じの改善が期待できます。

こんなことを日頃から心がけて頂くと、便秘で悩むことがなくなります。

かつみカイロ整体院 本屋院長

松本院長との出会いは2002年4月、五反田の大川カイロプラクティック専門学院に入学した時でした。

学校の授業では実技を何でもすぐにこなしてしまうので「すげー!」といつも思っていたのを覚えています。

こと仕事に関しては私が壮快カイロに勤務していた頃から「この日本から腰痛を撲滅したい!」とビジョンを持たれていて、腰痛対策は大変勉強になりました。
その技術を私の院でも使わせていただいてますがお客様に大変喜ばれています。

カラダの「痛み、しびれ」でお悩みのあなた、松本院長の施術を受ける事をぜひおすすめします。

かつみカイロ整体院 本屋 勝海

西八王子整体院 森田院長

母校である大川カイロプラクティック専門学院の授業のあと、新しいスタッフを募集に来た松本先生のお話を聞き、院内や施術の様子を見させてもらい、松本先生のもとで修行しようと決心し、その後2年間、いろいろなことを学ばせていただきました。

他の院で改善しなかった方々が、次々と改善していく様子をこの目で数えきれないくらい見ました。

松本先生は患者さんの辛い状況を何とかしたいと真剣に考え、日々研究しています。

今現在、痛みやしびれなどの辛い状況に苦しんでいる方、どこへ行っても変わらないとあきらめている方は、すぐに松本先生に相談してみて下さい。
必ず力になってくれるはずです。

そして、少しでも早く辛い状態から抜け出して、やりたいことをやれる生活を取り戻しましょう。

森田カイロプラクティック西八王子整体院

結果が出るから

当院は2004年2月の開業以来、ずーっと“痛み・しびれ”の改善に取り組んできました。

ですから今では、絶対とまでは言わないまでも、出る条件が合致している“痛み・しびれ” であれば、ほぼ大丈夫と言えるほどに解決が見えるようになりました。

(初めての方へ参照)

そしてこの出る条件は、極めて一般的なものですので、あてはまる方も極めて多いものです。

保育士がいる託児室があるから

単にお子様を預かるだけでなく、保育士がお子様と楽しく遊びます。

託児室のドアの中から、「キャッキャッ」という楽しそうな叫び声が聞こえてきます。

ママたちにも「さすがプロ」とほめていただくことも度々です。

来た時にはママと離れられずに泣いている子が、帰りには「帰るのヤダ!」と泣いています。

それはそれで困ってしまいますが・・・(笑)

やり直しができないのが育児です。

ママが育児を楽しめることが、お子様の健やかな成長にも良い影響をするはずです。

当院の託児室が強力に応援します。

原因が分かるので再発しないから

今まで結果が出なかったのは、単に原因を理解していなかっただけかも知れません。

原因を理解すれば対策もブレません。

原因が分かり、対策がブレなければ解決の可能性は飛躍的に上がります。

そして原因を理解しているということは、防ぐ事も出来るということ。

当院では問題解決後の維持もセットで対策しますから、アドバイスを守って頂く限り再発させません。

自分で対策できるようになるから

 

原因を理解して対策を覚えて頂けば、安定した後は自分で対策できるようになります。

自力でどうにもできない時だけ施術を受けに来て、あとはセルフケアで安定した状態を継続することも可能なのです。

キチンと話を聞いてくれるから

 

当院で時々耳にする事ですが「こんなに話を聞いてもらったことがない」という方がいます。

当院では、お話を聞くことが問題解決の“はじめの一歩”だと思っています。

ですから様々な角度からたくさんの質問をします。

それにより得られた情報から解決策を導き出します。

だから結果が出やすいのです。

お悩みは「こんなこと関係ないかも?」と思わずに、何でもご相談下さい。

案外、関係なさそうなことが解決につながったりすることもあるんですよ。

 

追伸

ちなみに当院院長の松本は、玄米菜食を実践しているので、便秘になることはありません。

毎日ほぼ決まった時間に、大して力むことなく“スルスルッ”と出ます。これは大変気持ちが良いものです。

あなたにも是非味わって頂きたい感覚です。

 

さあ、あなたも便秘を解消して、体調もお肌の調子も良い生活を楽しみましょう!

ご連絡は今すぐ!