ストレス

徹底した衛生管理で新型コロナウィルスを撃退!

当院は2004年2月の開業以来、お一人様ごとにヘッドピースと手をアルコール濃度88%の高濃度エタノールで消毒しております。また、2か所ある窓を開け、開けた窓に向けて扇風機で空気を外へ出す換気を行っております。どうぞ安心してご来院ください。対策ページ

ヘルモアバナー

こんなストレス状態でお困りではありませんか?

  • イライラしてしまう
  • 不安感がつきまとう
  • 憂鬱で仕方ない(うつと言われた)
  • やる気が出ない
  • 集中できない
  • よく眠れない

こんなことでお悩みなら、かなりストレスを抱え込んでしまっている可能性がありますね。

「ストレスを減らして快適に暮らしたい」と思うなら、是非ご連絡下さい。

きっとお役に立てます!

仕事が忙しい、対人関係に悩んでいる、睡眠不足、育児に悩んでいる、疲労感が取れないなど、日常のこんなことでストレスが蓄積し、不調が始まり徐々に悩みが深くなってきます。

そのまま放っておくと、様々な問題の原因となり、日常生活でも支障が出てくる可能性が高いのがストレスです。

「あらゆる不調の原因はストレス」とも言われますので、出来るだけ早い対策が必要です。

脳をコントロールして、ストレスを消す技術を持つ当院が少なからずお役に立てます。

医療機関や整骨院などでストレスが改善しない理由

うつやパニック障害など、心の不調を感じると専門院に行きます。

専門院では薬が処方されますが、薬は化学物質ですから副作用もあります。

うまく効いてくれれば良いのですが、一方ではなかなか安定せず悩み続けている方もいます。

状況によっては、脳内ホルモンセロトニン」を増やす薬が処方されている事も。

セルトニンを増やすことで、ノルアドレナリンやドーパミンのバランスをとっている訳です。

薬での対処はきいているうちは良いのですが、薬が切れれば元に戻ります。

だからストレスでお悩みの方にはあまり根本的な解決策とは言えません。

一方整骨院や整体院などでは、ストレスを心の問題としてとらえている傾向があり、施術対象としていない院も多いはずです。

対処していても「リラックスして過ごしてくださいねー」と言う様なアドバイスで、自律神経のバランスを整える対策をします。

しかし、ご本人もリラックスできるものならしたいけど、それが出来ないから不調に悩んでいる訳ですから、ちょっと足りないかもしれません。。

当院のストレス症状に対するアプローチ

ストレスは脳で作られていることが分かっていますから、当院では脳をコントロールします。

つまり、ストレスに対しては、手技によってセロトニンを増産するのです。

意図的にセロトニンを増やすことで、ノルアドレナリンやドーパミンなど脳内物質のバランスを整えて行くのです。

また、がんや脳梗塞になった方は、皆セロトニンが不足している、という研究結果もあるようですから、セロトニンを増やす対策は、重大な病気を予防するうえでも有効と言えます。

手技は非常に軽いタッチで行いますので、不安感や我慢などは一切ありません。

お子様やご高齢の方でも安心して受けて頂けます。

施術を受けた方からは

  • 頭がスッキリした
  • 目がぱっちりした
  • 気分が軽くなった
  • 集中できる
  • パフォーマンスが上がった

といった感想を頂いています。

そしてストレスを改善したらこんなことが・・・

体調が安定して“健康”になった

心が安定するから“快適”に過ごせる

朝が快適だから“一日爽快”でいられる

「ご相談・ご予約」のご案内

≪HPからのご予約に限り

通常:合計9,350

(初検料3,300円+施術料6,050円)

⇓⇓⇓

初検料なし6,050税込

(※施術料だけ/2回目以降同額)

ご予約時に「HP見た」とお伝えください

LINEで予約する

選ばれる5つの理由

痛み・しびれの専門院だから

当院は江東区で唯一の、病院で分からない「痛み・しびれの専門院」です。

「痛み・しびれ」が辛くて病院で検査を受け、「骨には異常なし」とか「ヘルニアではない」というような診断を受けて結局は改善できずにいた方が大変多いです。

それは画像に問題が写らないからなのですが、ご自身としては確かに「痛い・しびれる」な訳ですからヘルニアでなかろうと、骨には異常がなかろうと異常がない訳がありません。

当院では「原因が写らないなら推理すれば良い」と考えて実際にそうします。

そのための判断材料として様々な角度からあなたの日常を質問させて頂きます。

こうして「痛み・しびれ」の解決を積み重ねた結果、いつの間にか「痛み・しびれの専門院」と覚えて頂けるようになりました。

病院の検査ではわからない原因がわかるから

「痛み・しびれ」で病院に行った場合、通常は整形外科に行きます。

整形外科での検査方法は概ねレントゲンかMRIなどの画像検査です。

これらの画像は該当部位の外形を描写するものですから、外形上に変化が起きないと異常を発見することが出来ません

ヘルニアや骨棘(骨にできる棘の様なもの)などの外形上の変化が起きていないと診断は「異常なし」又は「原因不明」とならざるを得ないのでしょう。

医療の現場では昨今”エビデンス”が示されることが大変重要視されています。

しかし、”エビデンス”を証明するすべがない状態がかなりみられるのです。

そのため当院では様々な状況を質問により確認して「証明はできないけどほぼこれが原因」とまずは原因を特定します。

原因を特定しないと対策が出来ないからです。

そして2004年2月の開業以来同様の”エビデンス”を確認するすべがない「痛み・しびれ」ばかりを見てきていますので、推理とは言ってもまず外れない自信があります。

当院ではこのような原因が証明できない状況の際には、「良い結果が出た考え方や対策が結果として正しい」と考えているのです。

症状改善だけではなく、再発も防げるから

「痛み・しびれ」でお悩みの方はまずはその症状を緩和あるいは解決する事を求めることでしょう。

当院ではその方法としてまず原因を特定するために推理するわけです。

推理によって特定した原因は、特殊な病気が隠れていない限りほぼすべてご自身の日常の中にありますから、その日常を変えて頂くよう説明します。

原因を特定することの最大のメリットは、ご自身が原因を理解して日常生活を送る限り繰り返すことがなくなることです。

これは原因を特定して、その原因の排除と「痛み・しびれ」の元となる部位の修復を同時に行うために、ご自身でセルフケアを実行して頂く事で実現します。

つまり原因を排除して「痛み・しびれ」の元となる部位の修復をするセルフケアを実行し続けている限り、再発することはなくなるということです。

時々再発した方が来られますが、100%原因の排除か原因となる部位の修復を忘れてしまっています。

病院と違い、話をしっかり聞いてくれるから

一般的に整形外科は沢山の人が順番待ちをしています。

「痛み・しびれ」でお悩みの方以外にも、ケガをした方、湿布や痛み止めなどの薬をもらいに来る方も多い事でしょう。

そうなると医師は出来るだけ短時間に一人の方を終わらせなければなりません。

ですからあまり時間をかけてお話を聞くことが出来る環境でもないのかも知れません。

当院のお客様からも「病院はパソコン見てるだけで私を見てくれていない」と聞いたことが何度かあります。

その点当院では、原因の推理に必要なだけお話を聞くことを前提に体制を作っています。

だから判断材料を得るために、言葉は悪いですが根掘り葉掘りお話を伺います。「こんなこと関係ないかな?」などと考えずに、思い付いたら何でも言ってください。

案外関係なさそうなことが原因の特定につながることだってあるのです。

口コミNo.1!メディア掲載多数で信頼できるから

最近では少なくなりましたが、これまでテレビ、雑誌、ラジオなどに取材して頂いたり、出演させて頂いたこともあります。

いずれも健康系の企画です。

そして大変ありがたいことに、当院で「痛み・しびれ」を改善できた多くの方が、他の方にご紹介下さいます。会社の同僚に「病院行っても駄目だったんなら壮快カイロに行ってみたら?」と言われてきたという方もかなりおられます。

病院などの医療の頂点で改善できなかった「痛み・しびれ」が改善したことで、印象が強く残るのかも知れません。

そして私が最もうれしいのはご家族をご紹介してくださる方が多い事です。

大切なご家族にお勧めいただけるのは、信頼して頂けているからだと密かに自負しています。

「ご相談・ご予約」のご案内

≪HPからのご予約に限り

通常:合計9,350

(初検料3,300円+施術料6,050円)

⇓⇓⇓

初検料なし6,050税込

(※施術料だけ/2回目以降同額)

ご予約時に「HP見た」とお伝えください

LINEで予約する

ストレスの本質って?

ストレスと聞くと、心で感じているという印象があるかも知れません。

もちろん心の問題も、ストレスの代表ですね。

しかし最近の脳科学では、ストレスは脳で作られていることが分かっています。

つまり、心=脳とも言えるのです。

ストレスは、適度にあれば私たちを元気にしてくれますが、過剰になると体にも心にも様々な悪影響を及ぼします。

ストレスを少し説明しておくと…

ストレスには4つの種類があります。

  1. 精神的ストレス…人間関係、仕事、異動など
  2. 身体的ストレス…ケガ、腰痛などの痛み、肩こり、体のゆがみなど
  3. 化学的ストレス…薬、化学物質、食べ物(辛い、甘い)など
  4. 環境的ストレス…温度、湿度、気圧など

これらのストレスは、その他3つの分類の仕方もあります。

  1. 外部刺激によるストレス…寒さ、暑さ、ケガ、病気、痛み、かゆみなど体への刺激
  2. 快を得られないことによるストレス…食欲、性欲、金銭欲など人間の欲望
  3. 他人に認めてもらえないことによるストレス…承認欲求

ストレスが脳で作られるというのは、ストレスを感じている時は関与する脳内物質が作られているということです。

 

【ストレスに関与する脳内物質】

  1. ノルアドレナリン…交感神経を刺激して危機管理機能(別名:怒りのホルモン脳)
  2. ドーパミン…快楽と意欲をもたらし、強すぎると依存に(別名:報酬脳)
  3. セロトニン…共感や我慢の心を作る(別名:共感脳)で、ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑えバランスを保つ

私たちの脳では、セロトニンの働きによって、これらのストレスをある程度までは自力で解消することが出来ます。しかし、ストレスの多い現代社会ではこのセロトニンが不足しがちな傾向があります。

そしてストレスの量が器を超えて溢れてしまった状態になると、様々な問題となって表れてくるのです。

院長からのメッセージ

ストレスは他人に話してもなかなか理解してもらえないものですね。

それがまた余計にストレスの元になってしまうという、悪循環に陥ってしまうこともあります。

なんだか気分が上がらない、イラついてしまう、つい家族やモノにあたってしまうなど、ストレスから逃れられなくなってしまったら、一人で悩んでいないで是非ご相談下さい。

脳科学に根ざした根拠ある対策で、解決への道を一緒に歩きだしましょう!

あなたは一人じゃない!神様と私がついてる!

だからもう悩まなくて良いんですよ…ゆっくり、ゆっくりで良いんです。

ストレスを消して、大切な人生を思いっきり楽しみましょう!

あなたからのご連絡を、心よりお待ちしております。